美術館めぐり

本日、師匠と助手は所用があり安曇野の美術館めぐりへ。
まずは、安曇野髙槁節郎記念美術館。

現在、第8回そば猪口アート公募展が開催されており様々な素材の入選作品が展示されております。

大賞は焼き物の作品ですが漆、金属、木、ガラス等素晴らしい作品がたくさん、11月17日(日)まで。
これからの時期、美術館は美しい紅葉に包まれます。紅葉観賞とお気に入りのそば猪口探しにぜひ足を運んでみてください。

豊科近代美術館では本日より「アートクラフトフェスティバルin安曇野2019」が始まりました。

お世話になっている塩島千典先生(写真、インスタレーション)の「写真の物理的な薄さを楽しむ」ことに重点を置いた作品等鑑賞。

新聞や和紙に印刷された写真が興味深く、また展示方法もユニークで楽しませていただきました。


こちらも塩島先生の作品「ダンサー」
11月4日(月祝)まで、ぜひご覧下さい。

秋の景色

先日久々に秋晴れとなった大町市。久しぶりに北アルプスの山々も姿をみせたと思ったら、山頂付近が白くなっておりました。

前山はまだ緑が濃いですが中腹は紅葉も始まってます。これから三段紅葉の美しい季節を迎えます(^^)

先日公民館講座開催。テーマは「新米の季節、ご飯茶碗を作りましょう」

初めて陶芸に挑戦するかたもおりましたが、先生のお手本を参考にしつつ最後はご飯茶碗2つできました。

物を作るのが好きだという小学生のO田君も参加、師匠からちょっとしたコツをアドバイスされるとすぐに吸収。

まるでスポンジのような吸収力でした。

大町市文化祭出展作品、焼き上がりをどうぞお楽しみに(@^^@)/

公民館講座

このところ朝晩ぐっと冷え込んできた大町市、工房はすでに薪ストーブで暖をとっております。
さて、先日より公民館講座がスタート!

初回は季節もの・ハロウィンかぼちゃに穴をあけ思い思いの魔除けかぼちゃを仕上げました(^^)


10月中に焼き上げ11月の文化祭にも出展できるよう師匠も急いで窯焚いております。
相陶窯、今年はハロウィンかぼちゃ豊作です。大町教室、利府教室、公民館講座等々あわせ30個越えました(@^^@)

薪ストーブの使用とともに薪ストーブ調理も始まっている相陶窯。本日は師匠作の土鍋を使い、いただいたリンゴで焼きリンゴ作りました。

じっくりコトコト…美味です。

現在師匠は新米を炊くための直火炊きのおっきな土鍋釜制作中。

収縮するとはいえ、いったい何合炊きになるのでしょうf(^^;

松本市へ

先日、松本市まで出掛けた師匠と助手。
池田町に居たときにお世話になったアツムイ窯・森岡先生の息子さん・宗彦さんが井上百貨店にて初の個展開催中ということで伺ってきました。

焼き締めの重厚感ある花器や水差し、酒器など丁寧に作られた作品がたくさん展示されています。

本日15日まで。
お近くのみなさま、ぜひご覧下さいm(__)m

台風19号により地元長野県や故郷宮城県、その他にも多くの地域で甚大な被害が出ており、ニュースを見るたび心が痛みます。被災されたみなさまに心よりお見舞い申し上げます。

ニュースで長野の被災状況をご覧になった方から心配してご連絡をいただきました。大町市は数ヵ所で倒木や土砂崩れがあったようですが高瀬川等河川の氾濫もなく無事でした。ご心配いただきありがとうございました。